どの指にはめなければならないなどという、決まりはあるのでしょうか? 今回は、ベビーリングの指輪の位置の意味について紹介します。

ベビーリングはどこにつけてもいい?

ベビーリングには、このタイミングで贈らなければならない!という決まったタイミングがないように、どこにつけなければならない!という決まった指もありません。 つまり、どの指につけても構わないのです! しかし、指輪はつける場所によって、意味が異なります。 あなたが赤ちゃんに願う思いを、つける位置にも込められるのです。


・親指につける指輪は”サムリング” 古代ローマ時代には、「親指にリングをはめると、どんな願いも叶う」という言い伝えがあったそうですよ。 右手親指の指輪には「決してあきらめない」という意味があります。 左手親指の指輪は「目標を実現させる力」をくれます。

人差し指は”インデックスリング”


インデックスには指標、指針という意味があります。 指し示す指にはめる指輪なので、”インデックスリング”と呼ばれているのです。 右手人差し指の指輪には「集中力を高める」「リーダーシップを発揮する」パワーがあります。 左手人差し指には「積極性を高める」という意味があります。 左人差し指に指輪があれば「目標に向けて前向きに取り込む」ことができるでしょう。

中指にはめる指輪は”ミドルフィンガーリング”


”ミドルフィンガーリング”、5本の指の中央という意味ですね。 中指は「直感」「ひらめき」の象徴です。 右手中指に指輪をはめれば、「新しい発想を生み出す想像力」が豊かに、「直感が冴え渡る」パワーがあるそうです。 左手中指に指輪をすると、「協調性が高まり、人間関係がスムーズにいく」という意味があります。

薬指は”アニバーサリーリング”


右手薬指は中指同様、「直感力」を高めるパワーがあります。 そのため、「自分らしく、より良いものを生み出したい」時に指輪をつけると良いでしょう。 左手薬指といえば、婚約指輪をつける位置ですよね。 「愛」という意味が込められている左手薬指に指輪をすると、「心を安定させ、落ち着く」パワーがもらえます。

小指につける”ピンキーリング”


小指は「チャンス」「秘密」の象徴です。 右手小指の指輪には「表現力を豊かにする」というパワーがあります。 左手小指にはチャンス、愛を呼び込むパワーがあり、指輪をはめると「願いを叶える」という意味があるそうです。

まとめると、 ここまで、それぞれの指にリングをつける際の意味についてご紹介してきました。 皆さんもぜひ、ベビーリングを作る際は、赤ちゃんにどんな人生を送って欲しいか、想像して、どの指にピンキーリングをプレゼントするのか、決めてみてください!

購入者の声(感想)

☆☆☆☆☆コラム新着☆☆☆☆☆

通販ならではの3つのメリット
どの指につけるもの?指ごとの意味について徹底解説!
5分で分かる!もらった感想は?