男の子女の子は関係ある?

「ベビーリングって男の子にも贈れるの?」 「ベビーリングは女の子のものでしょ!」 このように、ベビーリングは女の子のためのものだとの先入観があり、男の子にも贈れるのか疑問に感じる方も少なくないでしょう。 実は、男の子にも贈れるのです! ジュエリーということで女の子のものとの先入観が生まれやすいのですが、歴史を辿れば赤ちゃんの性別は関係ないことがわかります。 今回は、そんなベビーリングの歴史と、実際に男の子のためにリングを選ぶ際のポイントを2つご紹介します!

ベビーリングの歴史

ヨーロッパでは古くから「銀のスプーンをくわえて生まれてきた赤ちゃんは幸せになれる」という言い伝えがあり、 16世紀頃から「食べ物に一生困らないように」との意味を込めて銀のスプーンを贈る習慣が始まったそうです。 いつしか上流階級の人々が銀のスプーンの代わりに銀のリングを贈るようになり、その習慣が30年以上前にイギリスから日本に伝わり、広まりつつあります。 なお、現在では銀に限らず様々な種類の金属でできたリングが作られています。 もともとはリングではなくスプーンだったことからもわかるように、ベビーリングは赤ちゃんの性別に関係なく贈ることができるものなのです。 それでは、「男の子にはどんなリングを贈ればいいんだろう?」という方のために、男の子のためにリングを選ぶ際のポイントを2つご紹介します!

1.シンプルなものを

男の子にベビーリングを贈る場合、女の子に贈る場合に比べてシンプルなデザインのものを意識するとよいでしょう。 というのも、あまり装飾が多く華やか過ぎると、女の子っぽくなってしまい、成長してから本人にプレゼントしたときに気に入ってもらえない可能性が高いからです。 せっかくリングをあげたのに喜んでもらえないのは悲しいですよね。結婚指輪のようにシンプルでスタイリッシュなものをプレゼントしましょう!

2.ペンダント映えするものを

先ほどはシンプルなデザインのものにすることをオススメしましたが、実際問題として、男の子の場合は将来本人が身に着ける可能性は低いです。 そこで、ママがペンダントトップとして使うことを考え、ペンダント映えするデザインで、ママ好みのデザインにするのもよいでしょう。

まとめ
ベビーリングは女の子のためだけのものではありません。赤ちゃんの健やかな成長を願って贈るお守りであり、 本人が大人になったときに家族みんなで成長を実感できる思い出の記念品なのです。 女の子にはもちろん、男の子にも、先ほどご紹介したポイントに留意してプレゼントしてみてはいかがですか??

☆☆☆☆☆コラム新着☆☆☆☆☆

通販ならではの3つのメリット
どの指にベビーリングはつけるもの?指ごとの意味について徹底解説!
5分で分かる!ベビーリングをもらった感想は?