知っていますか?ベビーリング

最近、耳にするようになったベビーリングとはそもそも何なのでしょう。
ただ赤ちゃんサイズの小さくて可愛らしいリングなのでしょうか。
今回はベビーリングの始まりについてお話致します。

ベビーリングはヨーロッパが起源と言われています。
古くから産まれてくる赤ちゃんが銀のスプーンをくわえてくると
その子は一生食べ物に困らず幸せになれるとの言い伝えがあったようです。
そこで赤ちゃんが産まれると銀のスプーンをプレゼントする習慣が始まったそうです。

月日が経ちヨーロッパの人々の間ではスプーンだけではなく
高級感のある指輪に形を変え、銀で作った赤ちゃんサイズの指輪を贈るようになっていったようです。
そのリングがベビーリングと呼ばれ広まっていったとのことです。

お守りのような存在

現在では身に付けていれば守ってくれるという赤ちゃんの生まれた月の宝石(誕生石)を
埋め込んだベビーリングをお守り代わりにプレゼントする事が主流になってきています。
素材も銀だけでなく金やさらに高級感のあるプラチナなど種類も豊富になり、デザインを含めて選択肢も増えつつあります。

時が流れ、形や素材は変わってきましたが
産まれてきた赤ちゃんに元気で健やかに育って欲しいという幸せを願う気持ちは
今も昔も変わらずにあるものではないでしょうか。

日本でもベビーリングが贈られる様になったのは本当に最近のような気がします。
ご両親やご家族の想いを形にした素敵な贈り物だと思います。
これからもっと広まってくれたら嬉しいです。

☆☆☆☆☆コラム新着☆☆☆☆☆

通販ならではの3つのメリット
どの指にベビーリングはつけるもの?指ごとの意味について徹底解説!
5分で分かる!ベビーリングをもらった感想は?